空気感を描く

画像

長野県信濃美術館で開催されている男鹿和雄展へ行ってきました。
となりのトトロ」などのジブリ作品の背景画を描いている男鹿和雄さんの展覧会とあって、美術館は家族連れでいっぱいでした。
アニメーションの背景画をこのような形で鑑賞することは滅多にありませんが、空気感はものすごくよく伝わってきます。どの背景画のアニメもストーリーを思い出せる印象的なアニメなので、一つの絵がとても深い奥行きを感じさせてくれました。

トトロの森を描いた人。ジブリの絵職人 男鹿和雄展
長野県信濃美術館
開催期間8月27日(木)まで

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック