Top page photo 11nov.2007

画像


約100年前に建てられた古い建物の窓下の水切り。

古美(ふるび)た感じがとても良い味をだしている水切りのデザインだが、現代住宅の窓下水切り端部の処理としてはNGかな。

気密性や断熱性を確保するためにアルミサッシを使用する現代住宅には、窓下に汚れが発生している事例を多く見かける。大気中の汚染物質が窓際のシーリング材に付着し、雨水によって窓の水切り端部から流れて下部の壁面を汚す。シーリングを多用するサッシの採用はこの汚れが発生しやすい。
だから、近年の水切りは端部を折り上げたり、耳をつけて立ち上がりをつくって水が壁面を汚さないような処置をする。

100年前の建物に比べたら、現代住宅は桁違いの気密性能や断熱性能を備えるものとなった。快適な環境性能を維持するためには、最近のサッシ水切りのように、その性能を確保する新たな部材を付加したり、形状を変えたりする必要がでてくる。さらにその部材の性能を確保するために・・・議論は限りなく続く。

この水切りは、そんな難しい議論と遠くかけ離れたところから「考え過ぎだよ」と笑っているかのようだ。建築がもっとおおらかで、楽しいものであった時代のディテールは見ていても心地よい。

永遠の0

最近報道されている沖縄教科書問題関連のニュース。
「集団自決が嘘というのなら、あなたはわたしのおじいおばあが嘘をいっているというのですか」と、沖縄での抗議集会で代表の高校生が言った言葉が頭から離れない。

以前読んだ本のせいだと思う。

その本を読んで思わず涙してしまった。
本のタイトルや帯のコメントから普通の戦争小説と思っていたら、読み進めるうちに全く違うジャンルであることに気づく。一方的に戦争体験談を綴るのではなく、今を生きるぼくたちの心に直接働きかけるストーリー展開はすばらしい。抗議集会での高校生の言葉が、この小説とダブったのだ。

たった60年前の出来事についてさえも、歴史の教科書では伝えられない事がたくさんあるのだということを知り、歴史を記すということは客観的な事実関係を列記する事よりも、当時の人々が、何を感じ、何を願って毎日を生きていたのか、そして当時を生きた人の数だけ真実があるのだということをもっと語ってもらい、どんな形ででも残していく必要があるのだと感じた。

「永遠の0(ゼロ)」は、最後のどんでん返しに驚かされつつも、見事なラストでした。是非、多くの方に読んでいただきたいと思う小説です。


永遠の0 (ゼロ)
太田出版
百田 尚樹

ユーザレビュー:
読み応えあり。でもエ ...
感動の名作子どもの頃 ...
終わり今まで読んでき ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


Top page photo 10oct.2007

画像


Top page photo 10oct.2007
私が主催する設計事務所HPのトップページフォトです。

トップページの写真は毎月更新していきます。
日々の生活や仕事で撮りためた写真から切り取ったシーンを題材にコメントなどしていこうかなと思っていますのでよろしく。

第一回目、10月のtop page photoは名古屋の老舗料亭河文の土塀です。現在隣接する敷地にシーンデザインの設計でTHE KAWABUN(結婚式場)を建設中です。
写真は料亭河文の西側の駐車場に面した土塀。腰の部分がタイル貼りなのがポイントです。腰の部分に下見板や石貼りの土塀はよく見かけるけど、この土塀の腰のようにボーダータイル貼りだとなんともおしゃれ。河文は400年の歴史を持つ老舗だが、建物は大戦で焼失したために戦後に建てられたもの。伝統を重んじる老舗料亭の精神と次の時代への期待感が表れているいい部分だと感じました。

出勤前のミーティング

最近、仕事で名古屋に行く機会が多いのだけれど、名古屋には興味深い独特の文化がたくさんある。その中でも、特に不思議なのは、ほとんどの人が出勤前に毎朝喫茶店でモーニングを食べるという習慣だ。(ちなみにモーニングというのは、朝の時間帯にドリンクの値段でサラダやトースト、ゆで卵等がついたお得なセットメニューのこと。)長野出身の自分にとっては、毎朝どこの喫茶店もほぼ満席なのが驚きなのである。

なぜ名古屋人は、自分の家で朝食を食べないのか?
当然、お母さんはお父さんの分の朝ごはんを作らないだろうし、家族そろって朝食をとることもないだろう。お父さんの毎朝のモーニング代は、おこづかいに含まれるのだろうか?毎朝400円としても5日×4週で一か月8,000円はかかる。

そんな事どうでもいいのだけれど、結構気になる。だから自分も名古屋に行く度にできるだけ喫茶店でモーニングを頼み、名古屋人の気持ちを理解しようと試みている。
先日、いつものように喫茶店のカウンターでモーニングを頼み朝刊を読んでいると、後ろのテーブル席に座っていた若いサラリーマンとその上司風の客の会話が耳に入ってきた。どうも若い方が社内の人間関係について上司に相談しているらしい。

それまでは気付かなかったが、そんな会話に聞き耳を立てていたら、他のテーブルの客の会話も耳に入ってきた。職場での噂話や上司への相談、歓送迎会の打合せやら人事の不満、取引先への愚痴、または仕事について熱く語っている人もいた。

そうなのだ、名古屋人は毎朝出勤前にミーティングをしているのである。カッコ良く言えばオフサイトミーティング(気楽にまじめな話をする)を毎朝行っているのである。これは発見だ。名古屋人の元気の良さはここからはじまるのではないかと感じた。毎朝職場の仲間と気楽な真面目な話ができる。それは閉塞感を打ち破り、日本的なチームワークを構築する基盤となっているのではないか。

そう考えると、職場でお父さんが一人で悩みを抱え込みノイローゼや鬱病になって体を壊すよりは、毎朝喫茶店でミーティングをして、生き生きと元気に働いてくれればモーニング代なんて安いものなのかも。

今年最後の収穫

今日はイモ掘り。今年の家庭菜園最後の収穫となる“さつまいも”です。
地上ではつるが伸び放題で、一番菜園面積が広かったから、さぞたくさん採れるかなと思っていたけど・・・
う~ん、ちょっと少ないかな。根菜類だから収穫イメージを勝手に大きくしちゃっていたなぁとちょっと反省。でも、イモのサイズはまずまずかな。

着工件数激減!

今年の6月20日に改正建築基準法が施行された。2005年に発覚した構造計算書偽装問題(姉歯事件、耐震偽装)を受けての改正なのだが、現在、建築業界はこの「改正」により大混乱が続いている。改正日以降建築確認申請が滞ったままの異常な状態が続いているからだ。7月、8月の住宅着工数の激減にもつながっている。 

2007年7月 81,714戸 (前年比23.4%減)
2007年8月 63,076戸 (前年比43.3%減)

国土交通省 建築着工統計調査(平成19年8月分)
http://www.mlit.go.jp/toukeijouhou/chojou/kencha.htm

8月の数値は、件数としては40年ぶりの低水準、減少率は統計開始以来最悪なのだ。あまりテレビニュースとかでは大きく取り上げられないけど、どうしてだろう。

手続きの厳格化をうたった法改正だったが、今後、建築行為(建築確認)がこれ程までに時間がかかるものになるのならば、経済に与える影響も想像を絶する。建築は建設業界のみならず、他分野においても無関係ではありえない産業なだけに、どうなってしまうのかとても心配だ。また、どんなに「手続き」を厳格化しても実際の現場において不備を是正できなければ建築の品質の向上につながらないし、設計行為が「より良い建築をつくるため」よりも「如何に確認申請を通すか」ということに膨大なエネルギーを使わなければならないって事は切ない限りだ。

モビール

画像


事務所の天井には羊のモビールがぶら下がっている。これはデンマークのフレンステッド社のモビールで、この会社のモビールのバランス感覚とデザインはどれも素晴らしい。

風や空気の流れに反応して動く芸術作品としての見方が一般的なモビールだけど、発祥の地デンマークではもっと日常生活の中の一部としてモビールが存在すると聞いたことがある。

モビールは北欧デンマークに古くから伝わる伝統工芸で、風水(環境学)的にも良いとされ、玄関、部屋の入口や窓際などに飾るとリラックスしている時の脳波「アルファ波」を生み、落ち着きを与え、カンやヒラメキがさえ、良い気脈を作ることからその家に住む人に幸せをもたらすと言われているそうだ。もし、家の中に悪意を持った人が入ってくると、このモビールが“ピタッ”と止まるという言い伝えもあるらしい。

モビールを「精神的、心理的作用に働きかける機能」を持ったオブジェとして捉え直してみると面白い。こうした「精神的、心理的作用に働きかける機能」はインテリアデザインの要素としてもっと積極的に取り入れるべきじゃないだろうか。

ミュージックホール

画像

現在進行中の現場写真。
名古屋に計画中の結婚式場のミュージックホール(チャペル)部分で、正面には滝が流れる予定。こうして見るとかなりの迫力になりそうです。ちなみにここは3階。

プレゼント

画像


娘から四葉のクローバーをもらいました。
ちょっと幸せな気持ち。

ところで、四葉のクローバーを見つけると幸運があると子供のころこら思い続けていたが、言い伝えによれば四つ葉のクローバーの小葉は、それぞれ希望・誠実・愛情・幸運を象徴しているとされているそうで、単に「幸運」だけではないらしい。
そう、チャンス「幸運」があるだけではだめなのだ。希望・誠実・愛情がセットになってはじめて幸せとなるという事なんだなぁ、なるほど。

収穫♪

画像

今日は家庭菜園のとうもろこしを収穫。
なかなか立派にできました。
今どきスーパーで買えば、手間もかからず安く手に入るけど、
やっぱり収穫の喜びはスーパーに売ってないものね。
普段忙しい自分に代わって、家庭菜園に手を掛けてくれた父にも感謝
早速今日のおやつはとうもろこし。
とっても甘かった。

ブログはじめます。

画像
ブログはじめました
長野で建築設計事務所を開設して1年。
ようやく事務所もそれらしくなってきました。
2年目からは何か新しいことを!
ということで、ブログで日頃感じていることを綴っていきます。