テーマ:

ダジャレは日本の文化なのだ

まんがで楽しむ能の名曲七〇番檜書店 村 尚也 ユーザレビュー:日本の文化”能”を楽 ...能を観る前に読む本私 ...読めば読むほど味の出 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 第17回 長野能の定期公演に行ってきました。 実は今年の1月から謡を習い始め、能にも興味をもった次第です。 でもやはり素人にはムズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西の魔女が死んだ

「西の魔女が死んだ」は主人公のまいが、西の魔女ことおばあちゃんのもとで過した、ひと月あまりの生活を綴った物語です。物語の全体に流れる空気感がとても居心地がいい。テーマのひとつである死についても清々しさをともない、そして深く心に染み入ってきます。登場人物であるまいやおばあちゃんの生活と自然や建物、道具との密接な関わりが、たとえ詳しい描写が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

史上最悪の師匠「ガネーシャ」

夢をかなえるゾウ ふざけたゾウの絵の表紙につられて不覚にも買ってしまった。 分類とすれば自己啓発本になるのだろうか? 普段、この手のジャンルはあまり読まないけれど、笑いながら読める自己啓発本は珍しいと思う。さえない青年の「僕」とインドの神様「ガネーシャ」の会話は漫才のようで最後まで飽きさせない。でも、その面白さよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永遠の0

最近報道されている沖縄教科書問題関連のニュース。 「集団自決が嘘というのなら、あなたはわたしのおじいおばあが嘘をいっているというのですか」と、沖縄での抗議集会で代表の高校生が言った言葉が頭から離れない。 以前読んだ本のせいだと思う。 その本を読んで思わず涙してしまった。 本のタイトルや帯のコメントから普通の戦争小説と思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more