見せ場をつくる

画像


建築士会主催の伝統工法で建てた住宅の見学会に参加してきました。

カドケンの高遠さんが設計監理を担当されています。

現代において、下地から仕上げまで新建材をほとんど使用せずに家を建てることに、設計、施工者共に大変御苦労された事と思います。

クロスや塗装や合板は、そこに至る職人の仕事を隠して”仕上げ”てしまいます。
でも、この家は大工や左官職人の仕事っぷりがそのまま仕上げとして最後に評価されます。

どんなにがんばっても、その仕事が評価されないものづくりはきっと職人だって寂しい筈。

僕ら設計士は、たとえ伝統工法でなくても関わる職人の”見せ場”をつくることも大事なこと。
そんなことでも、ものづくりのクオリティーが上がると思う。

普段は口数の少ない左官職人さんの苦労話は、どこかしら誇らしげでもありました。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック